映画キングダムの感想。アクションに役者にストーリーに感動!

こんにちは、Naoです!

めっちゃ今更ながらですが、キングダムを観てきたのでレビューしたいと思います!

キングダムあらすじ

あらすじ

紀元前245年、春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。
戦災孤児の少年の信(山﨑賢人)と漂(吉沢亮)は、いつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛練を積んでいた。ある日、漂は王都の大臣である昌文君(髙嶋政宏)によって召し上げられ王宮へ。信と漂の二人は別の道を歩むことになる……。
王宮では王の弟・成蟜(本郷奏多)によるクーデターが勃発。戦いの最中、漂は致命傷を負うが、何とか信のいる納屋にたどり着く。
「お前に頼みたいことがある」
血まみれの手に握られていたのは、ある丘に建つ小屋を示す地図だった。
「今すぐそこに行け! お前が羽ばたけば、俺もそこにいる……。信! 俺を天下に連れて行ってくれ……」

力尽きる漂。泣き叫ぶ信。漂が手にしていた剣とその地図を握りしめ、信は走り出した。走る先に何があるのかもわからず一心不乱に走る信。たどり着いた先で、信の目に飛び込んできたのは、なんと冷静にたたずむ漂の姿だった!? 死んだはずの漂がなぜ?

「お前が信か」

そこに居たのは、玉座を奪われ、王都を追われた秦の若き王・嬴政(吉沢亮)だった。その嬴政に瓜二つの漂は、彼の身代わりとして命を落としたのだった。激高する信だったが、国を背負う嬴政の強さと漂の遺志を受け止め、嬴政と共に行動することを決意。二人は王宮を奪還するため立ち上がる。しかし、それは嬴政にとって、路の第一歩に過ぎなかった。

中華統一。戦乱の世に終わりをもたらす、未だかつて誰もが成し遂げていない、とてつもなく大きな夢を嬴政は心に宿していた。

信は天下の大将軍を、嬴政は中華統一を。その夢は途方もない修羅の道。

若き二人の戦いの火蓋が切られた———

キングダムHPより抜粋 https://kingdom-the-movie.jp/story/index.html

感想(ネタバレ含む)

これより映画を観た感想を書きます。ネタバレ含みますのでご注意ください。

アクションに感動

どうせ漫画、アニメ実写化したのって大したことたいんでしょ…と正直高をくくっていましたが、全くそんな事ありませんでした。

アクション最高にカッコいい

まず最初のほうに稽古のシーンがあるんですが、そこから山﨑賢人さんと吉沢亮の動きが秀逸。ストーリーが進むに連れてアクションの難易度があがっていきますが、見事に演じきっています。観ている側は勝手に身体に力が入って映画に引きずり込まれていきました。

ワイヤーアクションもお見事。山崎半端ないって!そんなんできひんやん普通、そんなんできる?言っといてや、できるんやったら!

長澤まさみもでてきますね。まさか山の王だとは…原作読まずに行ったのでめっちゃビビりました。かわいいしアクションできるとか最高なのでは?

役者がカッコいい

主演の山﨑賢人さんと吉沢亮さんは当たり前にイケメンで当たり前にカッコいいんですけど、今回一番「カッコいい…!」と思ったのは左慈役をされていた坂口拓さんです。

左慈は今回の映画のラスボスと言ってもいいくらいの敵役で、最強です。その大役を完璧のこなしていました。

アクションはもちろん、表情や身体の表現…すべてが役にハマっていました。しっかりとした悪役!!!!(褒めてる)

なんかもう言葉がでない!!!!!映画観て!!!!!

キングダムの魅力とは

信たちが王宮に攻め入ったときに「夢を見て何悪い?夢があるから立ち上がれるんだろうが。夢があるから前進めるんだろうが」と言います。

信は奴隷として生活をしていますが、漂とともに天下の大将軍を目指します。剣で己の運命を切り裂いて進もうとする、その信念。そして漂との約束を信は果たすため、ただひたすらに突き進す信。

信念を突き通す行動力、友の約束を果たすという思いが僕はこの映画の最大の魅力だと感じました。

信念を持っているのは信だけではありません。嬴政も中華統一という大きな夢があります。

自分がそうなんですが、な夢をみると「無理だな…」と思ってしまいがちです。

「お前には無理だよ」とか自分で自分の可能性を縛ってしまいます。そういうことを思う前に、まずやってみろよ、そう思わせくれます。

そして夢をみて突き進むその人を笑わずに応援できる人でいたいなと思いました。

まとめ

といういことでこの映画キングダムはかなりおすすめです。観て損はないと思います。上映ももうすぐで終わりかも。急いで劇場へ!

昔アニメもやっていたみたいですね。Amazonプライム・ビデオで観れるみたいです!(2019/06/21現在)

自分は漫画読んでみたいと思います!

アニメキングダム