イリヤの空、UFOの夏

6月24日は、全世界的にUFOの日です。

こんにちは、Naoです!今日はおすすめのライトノベルを紹介します!

一昔前に流行ったセカイ系というジャンルの小説です。

この小説は、僕がより小説が好きと思わせてくれる作品でした。好きすぎて、作者の秋山瑞人さんにファンレター出したくらい。

あらすじ

夏休みの間ずっと裏山に張り込みUFOを探していた浅羽と水前寺。しかし空振りに終わり、夏休み最後の日を迎えていた。当然夏の宿題は手付かずで、明日先生に怒られるのが目に見えていた浅羽は夜に学校のプールに忍び込んで泳ぐという一大決心をする。プールに忍び込んだ浅羽は、意外にも先客がいた。それがイリヤだった。この出会いが、世界をUFOの夏へと加速させる。

イリヤの空、UFOの夏の魅力

さて、イリヤの空、UFOの夏の魅力を簡単に伝えたいと思います。

文章がすごい

イリヤの空、UFOの夏の作品がとても魅力的なことの一つは文章です。作家の秋山瑞人さんの独特の言い回しが胸に刺さります。読者の五感を刺激して、景色も音も匂いも感触すべて想像できるような文章を色んなところに散りばめているんです。

キャラがいい

小説に出てくる登場人物にすべて特徴があります。一人ひとりの個性がしっかりと描かれていて、その個性が物語にうまく組み込まれています。そしてみんな不器用だけど、しっかりと誰かを見る観察眼を持っていて、それをしっかりと文章で書いてくれているのも読んでいて楽しいところです。無銭飲食列伝なんかキャラクターがとても生きます。イリヤの空で一番好きなストーリーです。

簡単にまとめると、この2つだけなんです。もっと伝えたいところもありますが、好きな本だからこそ、あまり多く語りたくないです。そのくらいとても良い小説なんです。

一巻無料で読める

イリヤの空、UFOの夏の第一巻をこちら無料で読むことができます。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054885579795

まとめ

どうしても6月24日になるとイリヤの空、UFOの夏を思い出してしまいます。そして夏が来たんだなって。今日(2019/06/24)は雨が降って寒いですが。

各登場人物の生き様を、夏を、UFOを。ぜひ読んで体感してみてください。