空の青さを知る人よの感想(ネタバレあり)

オススメ度★★★★☆

こんにちは、Naoです。今回「空の青さを知る人よ」を観てきたので感想を書きます!

感想と考察を書きますね!(ネタバレあり)

あらすじ

あらすじ
山に囲まれた町に住む、17歳の高校二年生・相生あおい。将来の進路を決める大事な時期なのに、受験勉強もせず、暇さえあれば大好きなベースを弾いて音楽漬けの毎日。そんなあおいが心配でしょうがない姉・あかね。二人は、13年前に事故で両親を失った。当時高校三年生だったあかねは恋人との上京を断念して、地元で就職。それ以来、あおいの親代わりになり、二人きりで暮らしてきたのだ。あおいは自分を育てるために、恋愛もせず色んなことをあきらめて生きてきた姉に、負い目を感じていた。姉の人生から自由を奪ってしまったと…。そんなある日。町で開催される音楽祭のゲストに、大物歌手・新渡戸団吉が決定。そのバックミュージシャンとして、ある男の名前が発表された。金室慎之介。あかねのかつての恋人であり、あおいに音楽の楽しさを教えてくれた憧れの人。高校卒業後、東京に出て行ったきり音信不通になっていた慎之介が、ついに帰ってくる…。それを知ったあおいの前に、突然“彼”が現れた。“彼”は、しんの。高校生時代の姿のままで、過去から時間を超えてやって来た18歳の金室慎之介。思わぬ再会から、しんのへの憧れが恋へと変わっていくあおい。一方で、13年ぶりに再会を果たす、あかねと慎之介。せつなくてふしぎな四角関係…過去と現在をつなぐ、「二度目の初恋」が始まる。

空の青さを知る人よHPより https://soraaoproject.jp/

感想:自分の気持ちと向き合う映画

皆さんには「夢」はありますか?

まだ夢が分からない人、今夢を追いかけている人、夢を諦めた人、様々な方がいるでしょう。

夢のために将来の選択をする人はたくさんいます。しかしその夢が叶うかというと少人数です。なぜ少人数かというとそれは諦めるからです。

何十年と夢を追いかけても夢がかなわない。夢がまだ叶わない中、周りはバリバリ仕事して、結婚し、順風満帆に見える。そんな中、経済能力も低く、何も成し遂げていない自分と比べて少しずつ耐えきれなくなり、夢を諦める人が多いと僕は思っています。

夢のために、いろんなことを犠牲にする覚悟を持ち続けるってとても孤独なんだと思います。そういった孤独がもしかするとずっと続くかもしれないと思うと、僕らは人生の選択を考えるんです。特に30代は。

金室慎之介もバンドやって音楽で飯を食っていくことに、音楽で稼いであかねをお嫁にすることをずっと夢見てきました。でも自分で精一杯で、音楽で飯を食っていても思い描いていたこととは違った生活をしています。

そして慎之介は夢が半ば故にとても迷っています。音楽を続けていくか、やめてしまうか。

そんな中現れるのが10代の慎之介です。東京に行く前の、夢をみているキラキラした少年です。

僕はこの30代の10代の慎之介をまるで自分のことのように重ねて映画を観ていました。

僕も30代です。大した夢があったわけではありませんが、小説家になりたいなと思ったことがあります。一度書いたこともあります。でも一度も完成させることなく挫折しました。

10代の頃、周りには夢をあきらめずに頑張っている人がいました。その人が眩しくてしょうがなかったです。そして30代になってみて、まだ芽が出ていない人もたくさん知っています。

金はないけど、好きなことを続けている自分。金は少しあるけど、別に大してやりがいのある仕事をしていない自分。どっちが幸せなのかなと時々考えさせられることがあります。まさにこの映画はそういうことを考えさせられた映画でした。

夢を追いかけている中で一番イヤなのは、慎之介のように擦り切れてしまうことだと僕は思います。でも慎之介は心に澱が溜まっていようと、慎之介の真芯は真面目で、一途なところに僕は羨ましく思いました。

10代の慎之介もまた過去の自分と重ねていました。ああいうただ希望しか見えていない子供が、とても眩しくみえました。

あおいにも共感するところがありました。自分のせいであかねの自由がなくなり田舎に縛り付けていることを申し訳なく思っています。だから進路のことは二の次で、とにかく東京に行ってあかねを自由にさせることを考えていたんだと思います。(いつからそういう思いを背負っていたかは劇中では分かりませんでしたが)そして、自分の自由を捨てて生きている姿をみて嫌悪感も抱いていて、好きと嫌いが入り混じってあおい自身もどうしていいか分からなくなっているシーンがありました。

誰かを傷つけて、凹んで、最後は素直になって、相手を認める。そういうあおいの姿をありありと描いていました。(EDでちゃんと大学に合格し、あかねと慎之介が結婚したシーンが書かれていてよかったです)

あおいの恋愛についても触れます。あおいは10代の慎之介が好きになります。でも慎之介とあかねがくっつけば、10代の慎之介がいなくなってしまうことを感じ取ってしまいます。あかねと自分を比べて最初は自分を優先していたけど、最後はあかねを優先して失恋します。あおいにとっての大事なもの(=あかね)を認められ、でも苦い思い出も一緒になったこの青春が、「ああ大人になったねえ」とおっさんくさい感想が出てしましましたw

「空の青さを知る人よ」とは誰のことか

卒業アルバムにあかねは「されど空の青さを知る」と書いていました。これが「空の青さを知る人よ」というタイトルに繋がっています。

これは最初は金室慎之介のことかを言っているのかと思いました。

東京に行ってギターで世界制覇という慎之介の野望。でもそんな夢が観られるのは世界を知らないから。でも希望はしっかりと見えているという解釈をして映画を観ていました。

しかし最後の方になってくると、この空の青さはとは「あおい」のことを言っているんだと思いました。

両親が事故でいなくなり、あかねにとって家族と呼べるのはあおいだけ。

あかねにとってあおいは残された希望だったんじゃないでしょうか。

だから慎之介に一緒に東京行こうと言われても、断ったんだと思います。(劇中にあかねが正道に「自分でちゃんと(自分の人生を)選んできた」と言っていたことからも伺えます)

田舎のことしか知らないけど、私にはあおいがいる。それが空の青さを知る人、あかねなのです。

慎之介も告白したあとあの家の中でしっかりと考え分かっていたんだと思います。

この映画の主役は「あかね」ではないか、と僕はそう思いました。

その他情報

入場者特典

『空の青さを知る人よ』入場者プレゼント(C)2019 SORAAO PROJECT

これもらえました。

田中将賀描き下ろしイラスト仕様A4クリアファイル」と、『あの花』のめんまがパーソナリティを務め『ここさけ』の拓実と『空青』のあおいをゲストに迎える“復刻版「あの花」ラジオ特別版”が聞けるシリアルコード付きアクセスカード付き。まだ見ていない人は急げ!!!!!!!

新海誠さんのコメント

新海誠さんはこのように感想をつぶやいていますね。わかります!

空の青さを知る人よ/あいみょん

You Tubeで音楽聴けます。あいみょんいいですね〜〜〜〜〜〜!!!!

まとめ

人生くすぶっている人に見てほしい映画です。そうでなくても、自分と向き合うのにとてもいい映画と思いました。僕は自分見直しています…笑

それでは、映画観た方感想をお待ちしております!